×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

着物のたたみ方を覚えましょう。着物も浴衣も形は一緒。だからたたみ方も一緒。たたんだ着物はたとう紙(着物を包む和紙)に入れて保存します。


@着物を左が襟、右が裾になるように横に置きます。下前の脇縫いを折っておきます。

A下前のおくみ線を手前に折り返して、襟を内側に倒しておきます。

B上前の襟先、襟下(襟先の下の身頃の端の部分)を持って下前の襟先、襟下に重ねます。

C上前の脇線を持って、背縫い線の位置で手前に折り、両袖もそろえます。

D重ねた上の袖を袖付け部分から向こう側に折ります。

E裾をもって半分に折ってたたみます。

F最後にもう片方の袖を上に重ねて完成!!



戻る